-

マカの産地は?

Our Skills

マカの産地は?

マカの故郷はペルーアンデス中央に位置するフニン県という海抜4000mの地域です。

 

通称“ボンボン高原”といわれています。

 

面積は約200km×100qととんでもない広さに圧倒されます。

 

ここにはマカの栽培に最も適した土壌と気候が存在します。

 

ボンボン高原の気候は、赤道付近でありながら寒暖の差が30℃を超えるときもあります。

 

そのため、また全く木が生えず、他の植物もなかなか育つことができません。

 

夏でも気温が昼間20℃、夜間はマイナス15℃の温度差の厳しい自然環境の中で育つマカは生命力が強く、豊富な栄養をたっぷり含んでいます。

 

ボンボン高原のマカ

 

良いマカとはボンボン高原のマカは何故有名?

 

ボンボン高原は銅、鉛、亜鉛、銀、金などが生産される、ミネラル分の大変に豊かな土地です。

 

マカの栽培には天然のミネラルがたっぷりと溶け込み、大地のエネルギーが溢れるペルー、フニン県ボンボン高原の肥沃な土壌が必要不可欠なのです。

 

また、この土地に似た環境を人工的に作ることは不可能です。

 

放牧で土を耕します

 

マカは強烈な紫外線と酸性土壌でしかも夏でも気温が昼間20℃夜間はマイナス15℃の温度差の厳しい自然環境の中で育つ植物です。

 

またその豊富な栄養をあらわす話として、マカを一度栽培すると、その土地は数年は不毛になります。

 

大地のあらゆる栄養素を凝縮して一身に取り込むからなんですね。

 

収穫されたばかりのマカ

 

マカは大人の手のひらくらいのものです。

 

パッとみるとかぶのようですが、マカはアブラナ科の植物です。

 

通常マカの収穫時期は5月06月、種を植えるのは10月012月です。

Why Us?

    PR

    メニュー